メンタルヘルス

低気圧で体調を崩す人が試すべきこと

はじめに

皆さん、低気圧は得意ですか?

私はとても苦手です笑

この記事を書いているときもかなりの低気圧が来ていて体が重いのと頭が痛いので悩んでます。

発達障害を持っている方の中には低気圧になると体調を崩すという方が多いようです。

今回は低気圧で体調を崩しがちな人が取れる対処法についてまとめていきたいと思います。

事前に天気予報(気圧の変化)を知っておく

予定がある日は誰もが天気予報を見て一喜一憂すると思いますが、

気圧に弱い人は気圧予報も見るようにすることをオススメします。

と言ってもニュースの天気予報では気圧はあまり取り上げられず、

気圧予想図を見ただけでは実際どうなのかというのは素人には分かりづらいです。

そこで気圧病の人に試していただきたい、気圧の変化に特化した気圧予報アプリを今回ご紹介します。

◯頭痛ーる iPhone用

https://apps.apple.com/jp/app/%E9%A0%AD%E7%97%9B%E3%83%BC%E3%82%8B/id602991338

◯頭痛ーる android用

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.pocke.android.zutsu&hl=ja&gl=US

このアプリでは気圧が落ちてくる時間になると警戒、超警戒といった風にグラフに書かれます。

私もこれを参考に調子が悪くなりそうな日のペース配分を考えています。

低気圧が来るのを知っていて身構えるだけでも振り回されることは少なくなると思います。

耳たぶのマッサージ

低気圧で頭が痛くなるのは耳の奥になる内耳という部分が関係しているそうです。

内耳は気圧の変化を感じ取るセンサーのような役割を果たしています。

そこで内耳の血流を良くすれば痛みが軽減されるのです。

医師の佐藤純先生が考案した「くるくる耳マッサージ」がおすすめです。

◯やり方

1.耳を軽くつまみ、上・下・横に各5秒ずつ引っ張ります。

2.そのまま軽く引っ張りながら、後ろに向かってゆっくり5回まわします。

3.耳を包むように折り曲げ、5秒間キープします。

4.耳全体を掌で覆って、ゆっくり円を描くように後ろに向かって5回まわします。

1分で出来る!「くるくる耳マッサージ」

偏頭痛持ちの場合

もともと偏頭痛持ちであれば市販薬を頼るよりは、病院で処方箋で痛み止めを出してもらうほうが安く付きます。

それに処方箋の薬というのは効能が高いです。

例えば市販薬のバファリンは80錠(40回)分で1500円前後しますが、処方箋なら保険も効いて数円程度です。

私はこのことについて良く知らないままバファリンを常備していました・・・笑

実際に処方箋の薬のほうがかなり良く効いています。

この辺りはかかりつけのお医者さんと相談しましょう。

まとめ

・低気圧に弱い人は予め低気圧の情報を知っておく(頭痛ーるがオススメ)

・くるくる耳マッサージで痛みを軽減しよう

・継続的に痛む場合は処方箋を出してもらおう

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA