メンタルヘルス

発達障害でも学校を卒業したい!おすすめの進路先は?

発達障害を持っている学生の方の中には周囲に馴染めず孤立してしまい、その結果として不登校になったり中途退学してしまう方も少なくないでしょう。

これを書いている私も発達障害を持っていて(成人後にASDと診断)通信制高校を卒業しています。実際に通信制高校に通っていたときの話や良かったなと思う部分やここは改善して欲しかったと思う部分についてお話していこうと思います。

こんな方に見て欲しい

・発達障害で進路先に悩んでいる中高生くらいの方

・発達障害の子どもをお持ちの親御さん

・中学卒業のまま進路に悩んでいる方

私が通信制高校に通うようになったキッカケ

時を遡るといじめがきっかけで中学3年生の二学期頃から不登校になりました。

本来なら高校受験のために頑張らないといけない時期なのですが、ちょうどいじめがエスカレートし始めタイミングが悪く私の精神状態は限界に近かったです。

クラスには助けてくれるような友達もいなくていじめられていると先生に報告しても改善される様子もありませんでした。

この状況が続いた結果、学校に行きたくなくなりそのまま不登校に。

ただ、大事な時期なので受験は避けて通れません。

三学期に至っては1日も通えない状況でしたが、当時の校長先生が私の行けそうな志望校に推薦を出してくれました。

担任の先生も週に1度は家まで様子を見に来てくださり、推薦が出てるのだから受験して欲しいと念を押されこのとき初めて高校受験を決意します。

正直手応えはあまりなかったのですが、結果は合格。

晴れて4月から高校生になることになったのですが学校という空間に対する恐怖感は抜けきらず、結局のところ卒業式にも出ることはできませんでした。

高校も入学式はなんとか出られたものの周りの視線を気にしすぎたり同じ中学出身の生徒を見かけると頭が真っ白。

この状態で通い続けるのは難しく、高校の一学期の出席日数が足りなくなってしまいます。

単位が足りなければ留年か中退かを選ぶことになるのですが、この状況で留年しても同じことを繰り返すと判断し中退。

その後、地域の子供向けカウンセリングに通い通信制高校の存在をその時初めて知ります。

パンフレットには、週に2回のスクーリング(学校施設のある教室まで通って授業をする)で高校卒業資格が取れる!と書かれていたのでこれなら自分でもやれそうかな?と編入することを決意。

9月の二学期から通信制高校の生徒として再スタートすることになりました。

実際に通ってみてどうだったか?

見た目はいわゆるヤンキーの生徒が目立っていましたが、それと同じ比率で自分と同じようなおとなしめの子がいたので友達になれました。

オリエンテーションで先生が説明してくれた学則で印象的だったのが、「いじめが発覚した場合は必ず面談をする、場合によっては退学処分とする」という一文でした。

やはり全日制の高校に馴染めなく編入してくる生徒が多かったのでいじめ対策にはかなり力を入れていました。

その効力もあってかヤンキーの生徒とも仲良くなれて、少なくとも表面上の付き合いでは上手くやっていけていました。

ここなら上手くやっていけそうだなと確信を持てたのを今でも覚えています。

授業の内容は?

卒業に必要な単位の授業には出席して、最終日にレポートを書くことで単位として認められるという形式でした。

初日は数学Ⅰの授業でしたが、お世辞にもレベルが高いとは言えませんでした。

内容は四則演算から中学1年生くらいで扱うマイナスの計算などでした。

なんだか高校生らしくないなと思っていましたが、必修の授業は全員が出席するため、なるべく下のレベルに合わせなければならなかったのだと思います。

私は大学受験を考えていたのでもう少し難しい選択式の授業にも自主的に参加をすることにしました。

通信制高校の進路は?

当時私が通っていた通信制高校では進学と就職の割合は大体4:6くらいでした。

私は進学組だったので就職に関してはわかりませんでしたが、進学はいわゆる難関大学に合格が決まった生徒もいました。

他にもAOや推薦などで地元の大学や専門学校に行く生徒も多くいました。

とは言え進学に必要な環境は全日制の高校と比べるとやはり劣ります。

残念ながら通信制高校の授業だけでは学力はあまり身につきませんし、自主的に勉強や進学先についての情報を調べられる力がないと良い大学に進学するのは厳しいと思います。

どちらかというとAOや推薦に力を入れていたので、一般入試やセンター試験組はかなり苦労していました。(私もこちら側でした)

高卒認定と比較すると

実は大学に進学するにあたって必要な資格は高校卒業と思われがちですが、実際は高校を卒業しなくても大学へ進学できる資格があります。

それが高卒認定です。

高卒認定とは高校卒業程度の学力を証明する資格で、昔は大検とも呼ばれていました。

高卒認定は高校卒業にはならないものの、持っていることで大学や専門学校などに進学することができます。

高卒認定は8学科から10学科を選択し(内4学科は必修)、マークシート方式の試験を受けます。

合格点は40/100点で、合格率(全科目合格)は40%前後とされています。

試験の難易度としては旧センター試験よりも簡単な部類で、高校の基礎レベルと言われています。

実は私も高卒認定を取って大学進学を目指す道を考えていたので、高卒認定試験に向けて勉強し、その結果合格しています。

それでも当時通っていた通信制高校の校長先生に説得をされてそのまま高校卒業資格を取る道を選びました。

今思うとこれで良かったのだと思います。

というのも高卒認定は学歴として扱われないため、その後の進路先で躓いてしまうと最終学歴は中卒ということになってしまいます。

自分が進学先で躓くことはなかなか想像したくないですが、特に発達障害を持っている学生は人間関係にトラブルが付き物で学校に行けなくなってしまうということは考えられます。(実際私もそうなりました)

私は通信制高校とはいえ卒業ができたので高卒として扱われいますし、ハローワークなどの求人を見ていると高卒以上の学歴を求められることが多いです。

これらを踏まえると、発達障害で進学も考えているのであれば高卒認定よりは高校卒業が望ましいでしょう。

通信制高校に通う、編入するには?

まずお住まいの都道府県に通信制高校のキャンパスがあるか調べてみましょう。

通信制高校で一番多い形態は、本部校と全国のサテライト校に分かれていて、近くのサテライト校に週に何度か通うという形です。

興味を持った方は近くのキャンパスの資料を請求し、どんな雰囲気なのか確かめてみると想像しやすいと思います。

最終的に通って良かったと思えたこと

馴染むまでに少し時間はかかりましたが、2年生の頃になると友達ができキャンパスで会ったときはとりあえず一緒に行動するようになりました。いわゆるイツメンってやつですね。

3年生になったときは彼女もできました。

貴重な高校生活ですから、それぞれ青春を送りたいとか、勉強に励んで良い大学を目指すとか色々なことができると思います。

私にとってはやはり高校卒業資格が取れたことが一番大きかったです。

まとめ

・発達障害で全日制高校が不安なら通信制高校は最適

・いじめに対して厳しいのでいじめに悩んでいた人にもおすすめ

・少なくとも高卒資格は取っておきたい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA