メンタルヘルス

「死にたい」と身近な人に言われた時の対処法

はじめに

「死にたい」という気持ちを少なからず持っている人は多いでしょう。

私も「死にたい」気持ちが現れる時期というのがあります。

人と会話をしていて失敗した、今でも昔あった嫌なことばかりを思い出してしまう、昔付き合っていた恋人のfacebookを見てたら結婚していたetc.

死にたくなるようなエピソードを挙げたらキリがないです。

死にたくなる気持ちを持ってしまう状態のことを希死念慮と言うそうです。

希死念慮の人は「死にたい」という気持ちを実行に移さないようにギリギリのところで踏みとどまっているのです。

もし身近な人に「死にたい」と言われてしまったら?

例えばあなたの友達、家族、恋人が希死念慮を持っていてあなたに対して「死にたい」と言うようになりました。

この場合あなたは何と声を掛けますか?

一番やってはいけないことは死にたいという気持ちを肯定することです。

これは言わずもがなわかると思うので例は省きますが。

実は「死にたい」という気持ちを否定するのも良くないのです。

死にたい人からすれば勇気を出してあなたに助けを求めているのです。

助けを求めた人から「自殺は良くないからやめて欲しい」と言っても(自分の死にたい気持ちを)否定されてしまった、受け入れてもらえなかったと受け取られてしまいます。

ではどうするのが正解なのでしょうか?

肯定も否定もしない、ただ寄り添うだけで良い

「死にたい」という気持ちが理解できなくても、その人に寄り添うことはできます。

「つらかったんだね」とか「頑張りすぎないでね」という言葉を掛けるのが恐らく正解でしょう。

こう言われると心が弱っている人でもかなり楽な気持ちになれるはずです。

いのちの電話というサービスがありますが、ここも同じような対処法で相談に乗ってくださるところです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_tel.html

「死にたい」と言われ続けてこっちも辛くなってしまったら?

死にたい人を救うことはできても、あなたの身がもたなくなるくらい依存されたり疲れてしまったりするのでは共倒れになってしまいます。

少し残酷なことを言いますが、

相手との関係性を考えて一生一緒にいても良いと思えないのであれば、自分の身を守るために見捨てるしかありません。

メンタル疾患の人を見捨てるなんて酷いことはできない!と思われるかもしれませんが、

メンタル疾患というのは一生掛けても良くなる見込みがあるとは限りません。

あなたまでメンタルを消耗する必要はないのです。

その人はあなたとは幸せになれなくても、他の人が幸せにしてくれる可能性はあります、つまり「幸せの担当者が違う」のです。

お互いに病んでしまって共依存関係になるよりは全然マシだと思いますし、見捨てることが優しさになることだってあります。

まとめ

・身近な人に「死にたい」と言われたら肯定も否定もしない、ただ寄り添ってあげる。

・共倒れだけは避けるために見捨てることに躊躇しないで欲しい

・見捨てることが優しさになる場合もある

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA