メンタルヘルス

私はこれで引きこもりを脱却できた!ポケモンGOの魅力

近年は位置情報を用いたゲームがたくさんリリースされています。

中でもポケモンGOは位置情報ゲームアプリの中でも一番有名で、人気度は皆さんご存知の通りだと思います。

2016年の夏にリリースされたポケモンGOを今更紹介?と思うかもしれませんが、実は私にとって引きこもりを脱却する手がかりとなったゲームでした。

引きこもりがちになってしまった時、外に出るのが億劫だなぁと思った時、この記事を参考にしていただければ幸いです。

ポケモンGOとは?

ポケモンGO(正式名称はPokémon GO)とはアメリカ企業のナイアンティック社株式会社ポケモンが共同開発した位置情報ゲームアプリです。

プレイヤーは位置情報を用いて、現実世界でランドマークとなっているポケストップを巡ることでポケモンを捕まえるためのモンスターボール等のアイテムを入手し、各地に出てくるポケモンを捕まえるといった特徴を持つゲームです。

現時点(2021年5月)で677種類のポケモンがいて、本家のポケモン宜しく捕まえてコレクションしたりバトルしたりできるのも魅力の1つです。

実際に位置情報を用いることで外に出て歩き回る必要があるので、外に出てポケモンを捕まえながら冒険してるという体験感を味わうことができます。

ポケモンGOのプレイヤーの年齢層は?

私は30代でいわゆるポケモン世代です。

小学校に入学した頃からゲームボーイのポケットモンスター赤/緑が大人気で、社会現象にもなっていました。

最近では最新の世代であるポケットモンスターソード/シールドが発売されていて、どちらかというと若い世代にとっつきやすい印象があるかもしれません。

しかし、私が市内の大きな公園にポケモンGOをしにいくと、意外にもシニア世代の方が多いです。

社会現象になっていた当時、ポケモンを奇妙なものとして見ていてそう(失礼)なシニア世代がポケモンGOを?と一瞬思いましたが、位置情報を用いて実際に歩き回るというゲームの性質が健康を気にかけるシニア世代の方達のニーズにマッチしたようで、私が住んでいる市内の大きな公園では毎日ポケモンGOをプレイされているシニア世代の方を見かけます。

もちろん、若い世代の方も比率としては多いです。

なんだかポケモンが全年齢層に認知されているみたいで、ポケモン世代の私としては嬉しい限りです(笑)

ポケモンGOの魅力

冒頭でお伝えしたとおり、ポケモンGOは位置情報を利用するアプリなので実際に外に出て歩き回る必要があります。

このゲームの性質が私が引きこもりを脱却する機会となり、今でも毎日ログインボーナス(ポケモンを1匹捕まえる、ポケストップをチェックする)は欠かさずもらうことにしています。

それだけでなく、ポケモンという多様なキャラクターが持つポテンシャルは凄いもので、好きなポケモンを相棒にすることでそのポケモンを連れて歩くことができます。

連れて歩いているポケモンはAR技術を用いることでスマホのカメラを通して現実世界に飛び出します。

その写真を撮ってシェアすることもできます。

これはもう実質推しのポケモンとずっと一緒にいられるようなものです!(誇張してますね笑)

私の推しポケはデデンネですが、ポケモンGOにまだ実装されていないのでこれからに期待しています!

また、各ポケモンにはそれぞれ低確率で色違いの個体もいて、こういった遊び要素がコレクション要素をくすぐります。

色違いのポケモンを持っているのはポケモンGOのプレイヤーにとってステータスで、中でもマスクを被ったピカチュウの色違いは超絶激レアと言われています。

最近のゲームにしては課金要素も薄め

最近のいわゆるソシャゲに抵抗感を示す人は多いかもしれません。

しかし、ポケモンGOは課金要素が少ないです。

課金しなくてもゲーム内通貨を入手する手段はあるので課金しなければ遊べない!という性質のゲームではありません。

モンスターボールを始めとするアイテムはポケストップをチェックすれば手に入るので、ポケモンを捕まえるために課金せざるを得ないという状況にはならないバランスになっています。

都会と田舎ではポケストップの数に格差があるというのは昔の話で、私が住んでいる市内でもポケストップがどんどん増えてきました。

どうしても課金するなら孵化装置くらいかな?と思ってますが、私はここ数年間イベントの参加券以外では課金はしていません。

イベントの参加券も数百円しない程度ですし、イベントに参加しなくても十分に遊べます。

これで基本無料(ほぼ実質無料)なのは驚きですね。

プレイする時の注意点

前述の通り、位置情報を用いるゲームで画面を見ながらプレイすることになるのでどうしても歩きスマホをしがちになってしまいます。

歩きスマホはとても危険なので車が通らない場所や、大きめの公園でプレイするようにしましょう。

公園はポケストップも多い上にプレイヤーもたくさんいるのでアイテムを入手したりレイドバトルができたりと良い事ずくめです。

やむを得ず交通量が多い場所でプレイする際にはモンスターボールPlusポケモンGO Plusといった別売りのツールを使いましょう。

これはbluetooth接続することで画面を見なくてもボタンを押すことでポケモンを捕まえることができるツールです。

ポケモンGOによる歩きスマホ問題はリリース当時にかなり言われていたので、とにかく歩きスマホには気をつけましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA