備忘録

【備忘録】リファラースパムとは?対策方法は?リファラー元のxtraffic+について

WordPressにはリファラー機能があります。

リファラー機能というのは、簡単に言えば読者が自分のブログをどのwebサイトを通じて訪問したのかがわかる機能です。

大半のリファラー元は検索エンジンだと思われますが、この中に見慣れないURLが含まれていたら要注意。

 

 

私もこのURLはなんだろうと思い興味本位でクリックしてしまいましたが(絶対やめた方がいいのに)、このようなサービスを販売するページに誘導されてしまいました。

 

 

Xtraffic+というサイトで、見たところSEOに関するサービスを提供しているサイトのようですが・・・

このようなスパム的手法でアクセスを集めるサイトは信用できないでしょう。

それによく見ると日本語の使い方がおかしいです。

実のところ、見慣れないリファラー元のURLをクリックするとほぼ全てがこのページにたどり着くのでかなり悪質。

 

こういったケースはリファラースパムと呼ばれています。

リファラースパムを放っておくと正確なアクセス分析が難しくなります。

そのため、早いうちに対策をすることが望まれます。

 

特にWordpressでブログを始めたての人は必見です!

 

 

【対策方法1】Googleアナリティクスの設定

手順1:Googleアナリティクスにアクセスします

 

手順2:左下の管理(歯車のマーク)をクリックします

 

手順3:管理タブをクリックします

 

手順4:項目のボットのフィルタリング既知のボットやスパイダーからのヒットをすべて除外しますにチェックを入れます。

 

 

手順5:保存をクリックします。

 

これでGoogleアナリティクス側の設定が終わりました。

今後はGoogleアナリティクスにおいて悪質なリファラースパムは計測されなくなります。

 

 

【対策方法2】Wordpressでプラグインの導入

WordPressのダッシュボードにログが残るのが気になるという方はプラグインで対策して下さい。

下記のStop Bad Botsがおすすめです。

リファラースパムの対策になるプラグインはいくつか種類がありますが、Stop Bad Botsは更新が最近まで続いているので一番信頼できるプラグインだと思われます。

言語は英語なので詳しい説明は省きますが、初期設定のままでもアクセスブロックが機能するのでリファラースパム対策としては十分効果が実感できます。

 

 

最後に

リファラースパムの対策方法を2点紹介しました。

こういったスパム的手法でアクセスを集める業者というのは昔からいてかなり厄介な存在です。

対策をしてもまた何かしらの方法でかいくぐって来るのは容易に想像できます。

いたちごっこにならないように常に対策方法などの情報を調べてアップデートする習慣を身に付けておいた方が良いでしょう。

この記事が参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA